子どもにとって重要な遊び、たくさんの遊びの中から日々様々なことを学んでいきますよね。急成長を遂げる時期でもある1歳児には一体どういった遊びやおもちゃがいいのでしょう。今回はそんな1歳児の特徴とおすすめのおもちゃなどをまとめてみました。

1歳児におすすめのおもちゃ

f:id:wataru-hojo1111:20160822155720j:plain

△出典:WELQ

 この時期の子どもって特に、本当に毎日目まぐるしく成長を遂げていきますよね。昨日まで全くできなかったことが急にできるようになっていたり、気が付けば周りの大人が言っていることをちゃんと理解するようになっていたり...。

 特にこの1歳前後というのはまた急にできることが増える時期でもあり、体も心も急成長する時期です。そして子どもの仕事はたくさん遊ぶことと言われるほど、子どもの成長にとって遊びというのは絶対に欠かせないものです。

 今回は、そんな急成長を遂げる時期でもある1歳児に向けたおすすめのおもちゃなどをご紹介していきたいと思います。1歳児はどういった時期なのかも一緒にご紹介するので、照らし合わせながらぜひ参考にしてみてくださいね。

1歳児の体の成長とは?

 まず1歳というのは一体どういった時期なのか、どういったことができるようになって、どのように成長をしていくのかを少しお話ししたいと思います。

 自分の子どもだけじゃなく、お友達お子様や親戚などのお子様が1歳を迎えるときなどにプレゼントを選ぶといったときなどにも、参考なると思います。

1人歩きができるようになる

 なかにはとても早い子だと9ヶ月を過ぎたころから歩きだす子もいますが、多くの子がだいたい1歳前後で歩き始めるようになります。歩きはじめのころは数歩がやっとですが、みるみるうちにたくさん歩き回るようになってきます。

 あっという間にちょっとした小走りのようなこともできるようになり、そうなるとお外やお買い物のときなど、特にママやパパはたちまち目が離せないような状況になってきます。歩けるようになった子どもは視界が変わって、様々なものに常に興味深々なので、歩いて自分でどこかに行くのが大好きになってきます。

少しずつ言葉が出始める

 まず大人が何を言っているのかをだんだんと理解するようになり、そのうちに意味のある言葉がぽつぽつと出始めるようになります。マーマやパーパ、ワンワンやマンマなど簡単な言葉が言いやすいようです。本人の周りにしゃべっている人やたくさん声をかけてくれる人がいるほど、言葉も早い傾向にあるようです。

 積極的におしゃべりや絵本などでも話しかけてあげるようにすることで、言葉の成長を促すことができるようです。ですが、これもかなり個人差があるのでなかなか言葉が出ないからと言って、過度に心配する必要もないそうです。ゆっくり本人に合わせて様子を見ていってあげてくださいね。

自己主張が強くなってくる

 1歳を過ぎたとたんに子どもが急にいろんなところで反抗してくるようになった、と戸惑ってしまった方も多いのではないでしょうか。1歳というのは自我が芽生え始め、自分を主張できるようになってくる時期でもあります。あれは食べたいこれは食べたくない、あれが欲しいこれがしたい、などなど急に芽生え始めた自我に、悩まされることもしばしばあります。

 お友達ともおもちゃの取り合いをするようにまでなりヒヤヒヤしてしまう場面も出てくるでしょう。でも自我が芽生え自己主張ができるようになってくるというのは、心の成長でもありとても大切なこと。少し大変かもしれませんが気長に付き合ってあげるようにしましょう。

体全体で遊び始める

 歩けるようになることもそのうちのひとつですが、このころになると運動能力も急に高まってきます。階段を上り下りするようになったり、いろんなところへよじ登っていったり、滑り台を1人で滑れるようになったり、遊びも大胆なものになってきます。

 できるようになることが増える分、ちょっと危険な場面も増えてきたりするので、なるべく目を離さずにいざとなったらお子様を守ってあげられるようにスタンバイしておくことも大切になってきます。

1歳児に人気のおもちゃって?

 そんな1歳児に向けたおもちゃなどもたくさんあってどれがいいのか迷ってしまいますよね。そんななかからイチオシのおもちゃをいくつかご紹介したいと思います。

プラステン

 ドイツの木製のおもちゃメーカーnic社(ニック社)から発売されている、プラステン。ペグさしやひも通し、積み木やおままごとなど、さまざまな遊び方ができます。1歳児にとっては、遊び方で指先を鍛えてあげることもできます。シンプルな作りのわりに様々な遊びができ、色もカラフルでオシャレなので、プレゼントにもおすすめです。

f:id:wataru-hojo1111:20160822155742j:plain

△出典:WELQ

おままごとセット

 おままごとと言えば女の子のイメージが強いかもしれませんが、1歳頃だと男の子でも割と気に入って遊んでくれるおもちゃのひとつです。マジックテープでくっついている野菜などを手で引き離してみたりくっつけてみたり、包丁を使って切るように遊んでみたりするのも、このころのお子様にとっては男女問わずなんだか気持ちよく面白い遊びになるみたいです。

f:id:wataru-hojo1111:20160822155749j:plain

△出典:WELQ

型はめパズル

 この頃になると、色や形の違いが分かるようになってきて、型はめパズルになったものなど少し頭を使うおもちゃでも遊べるようになってきます。これとこれが同じ形だな、これはここには入らないんだな、といった具合にで本人も楽しんでくれます。このようにイラストが描かれたものなどは同時に物の名前も覚えていくことができるのでおすすめです。

f:id:wataru-hojo1111:20160822155757j:plain

△出典:WELQ

お絵かきボード

 お絵かきボードもおもちゃの定番のひとつですよね。こういったタイプなら手や服、壁などを汚す心配もないのでママも安心して遊ばせることができます。紙やペンをわざわざ出す必要もなく手軽にお絵かきできるのも嬉しいところです。いまはこのようにボードに絵を描くとカラフルな線で描けるようになっているものも出ていて、大人もちょっぴり楽しめちゃいます。

f:id:wataru-hojo1111:20160822155836j:plain

△出典:WELQ

室内ジャングルジム

 1歳を過ぎると体全体を使った遊びが大好きになってきますが、雨の日や真夏や真冬などなかなかお外に出られない日が続くこともよくありますよね。そんなときは、室内で遊べるジャングルジムなどがおすすめです。特に1歳半を過ぎた男の子はエネルギーを発散できないとストレスが溜まってしまう子もいますので、お家の中でもしっかり体を使って遊ぶことができるジャングルジムは、そんなお子様もきっと満足させてあげられます。

f:id:wataru-hojo1111:20160822155842j:plain

△出典:WELQ

1歳児に手作りするおすすめのおもちゃは?

 いくつかおすすめのおもちゃをご紹介しましたが、1歳児にとってはおもちゃでなくても、ありとあらゆるもので楽しく遊ぶことができます。まだ触れたことも無いものが沢山あるので、なんでも興味が沸き面白いのです。そんな1歳児のために、手作りできるおもちゃもあるので少しご紹介したいと思います。

ペットボトルのフタ落とし

f:id:wataru-hojo1111:20160822155849j:plain

△出典:WELQ

■用意するもの
・ペットボトルの蓋
・蓋のついたいれもの(穴が開けられそうなもの)
・マスキングテープや布
・カッター
■作り方
1.ペットボトルの蓋を2~3個をマスキングテープを巻いたり、布でくるんで縫ったりしてつなげていきます。
2.の付いた容器に、ペットボトルのキャップより少し大きめに穴をあけます。
3.あけた穴が危なそうであれば切り口にもマスキングテープなどを貼りつけておきます。

 作り方はとってもシンプルで簡単ですよね。穴に入るようにキャップを持ち入れるというのは頭も使いますし、指先の訓練にもなります。作り方も簡単なので保育園でお子様が作ってきたりすることもあるのでは?キャップは単体だと誤飲の危険性があるので、2~3個繋げておいてください。

ペットボトルのマラカス

f:id:wataru-hojo1111:20160822155901j:plain

△出典:WELQ

■用意するもの
・ペットボトル
・ビーズや小石など
・テープ
■作り方
1.ペットボトルの中にビーズや小石を適当なだけいれる。
2.蓋を閉め、その上からテープなどでしっかり固定しておく。
 これはあっという間にできてしまいますし、簡単なので一緒に作るところからもできちゃいますよね。ビーズなどがあれば、見た目も可愛くなりますし、わざわざ買いに行かなくてもペットボトル入る程度の小石をいれても十分に音が鳴ります。写真のように毛糸を巻き付けて可愛くアレンジしてもいいですよね。

軍手で指人形

f:id:wataru-hojo1111:20160822155909j:plain

△出典:WELQ

■用意するもの
・軍手や手袋
・毛糸やボタンなど、お好みで飾り付けたいもの
・飾り付けの為のボンドや糸
■作り方
1.軍手の指の部分に、ボタンや毛糸などで顔など好きなものを作る。
2.飾りは必要に応じて縫い付けたり、ボンドを使ったりしながら飾り付けます。
 これも、作り方はとってもシンプルですよね。この指は何にしようかなと考えながら作るのも、大人にとっても楽しめるところ。指人形をはめて、指でダンスやおしゃべりしてあげると、面白がってくれたりしながらとっても喜んでくれますよ。

沢山の遊びが体も心もぐんぐん成長させます

 繰り返しになりますが、やはり小さいうちは遊ぶのが大の仕事で、毎日たくさんいろんな遊びを体験することによって、体の機能だけではなく頭や心までも成長していきます。もちろん、1人で遊ぶよりもママやパパ、お友達などと一緒に遊ぶ方が刺激にもなり、心も穏やかに成長していってくれます。

 なかなか思い通りにはいかないことも多く、困ってしまう場面も少なくない時期ではありますが、この時期というのは本当にあっという間に過ぎ去ってしまう愛おしい時間ですので、是非とも大切にしていただけたらと思います。おもちゃや遊ぶ方も是非参考にしてみてくださいね。